青汁選びに奔走中の人必見!正しい青汁の選び方

野菜にはビタミンをはじめ、ミネラル、食物繊維といった数多くの栄養分が含まれています。
これらの成分が体のバランスを整えて健康維持を協力にバックアップしてくれるのです。

体によさそうな野菜がたっぷりと使用されていますので、外食が続いたり、インスタント食品を主に食べているような食生活になると野菜不足になってしまいます。

野菜を食べなくちゃと思っていてもなかなか食べられないというのもわかります。
毎日野菜料理を考えて作るのも大変だと思います。
そんなときに役立つのが青汁なのです。

青汁に使用されている野菜って?

青汁は明日葉、ケール、大麦若葉などの野菜が主に使用されている飲み物です。
水に溶かすだけで飲むことができますので、忙しくて野菜をたっぷり食べられないという方でも手軽に野菜を補うことができます。

たくさんの青汁があって、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。
種類によっては野菜補給にならないため、選び方が重要です。

実は使用している野菜の量がとても少ないということもあります。
思っているほど野菜を補うことができない商品もあるのです。

1日の野菜の摂取目標量というのは350g以上とされています。
日本人は平均すると目標料よりも80gほど不足しているといわれています。

その不足分の野菜を効果的に補給できる青汁を選ぶようにしてください。
たくさんの野菜を摂取するためにも、1杯でどのくらいの量の野菜を摂取できるのかが記載されている製品を選ぶようにしてください。

青汁にどんな栄養分が含まれているのかをチェック

青汁を選ぶ時には原料にどんな野菜が使われているかも必ず確認してください。
野菜を補うのはビタミンやミネラルといった栄養を摂取するためでもあります。

栄養価が低い野菜の場合には体に必要なビタミン、ミネラルを補給できません。
青汁によく使用される原料としては、ケール、大麦若葉、明日葉などです。
これらの野菜にはカリウム、マグネシウム、βカロテン、食物繊維といった栄養素がたっぷりと含まれています。
このような栄養価が非常に高い野菜がたっぷりと使用されている青汁であれば効率よく栄養補給できますよ。

美味しい青汁はフルーツ青汁ですね

また、加工方法によって栄養価が下がってしまうこともあります。
例えば、高音で加熱処理されているものはビタミンが壊れていることが大半です。
そのため、凍結乾燥法などによって加工している青汁であれば、栄養素が破壊されておらず、効率よく栄養分を補給できます。

コメント