家を選ぶとき、一戸建てにするかマンションにするか悩むことが少なくありません。それぞれにメリットやデメリットがありますが、特徴をよく知って選ぶ必要があります。たとえば、一戸建てはマンションにはない様々なメリットがあります。まず隣や上下の階の人を気にする必要がないということです。

マンションは作りが悪いと音が筒抜けになってしまいます。また少し歩くだけでも下の階の人に迷惑をかけてしまうこともあります。それに対して一戸建ては、窓を開けて、よほど大きな音を出すのでなければ騒音で迷惑をかけることはありません。二重窓にすればほとんど音漏れの心配もなくなります。

また、一戸建ては好きなデザインの家を建てることができるのも魅力です。デザイナーと相談しながらオリジナリティに富んだ家を作り上げていくことができます。費用の面では建売住宅も魅力的ですが、一生に一度のマイホームということを考えると、注文住宅は後悔することがないでしょう。注文住宅を建てる場合のポイントは、工務店やデザイナーによって出来栄えに違いがあるということです。

和風、洋風、モダン、伝統など工務店やデザイナーによって得意とするものがあります。実際に各工務店やデザイナーによって、これまでどのような家が建てられてきたかを見てみると、完成した家のイメージがつかみやすくなります。それが自分の建てたい家のイメージと合っているかどうかを比べてみると良いでしょう。またそのためにも、事前にどのような家を建てたいのか、そのイメージをある程度持っておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です