一戸建て住宅を購入するためには住みたい地域を決めて、その地域の不動産業者で情報を得てから手続きが開始になります。一戸建ての場合はすでに建てられているものを購入する場合と、建築途中のものを購入する場合がありますが、どちらの場合も何度か下見に行ってから、交通の利便性や駐車場の使い勝手の良さ、近隣の住宅のようすなどを観察してから購入を決めなければなりません。一戸建て住宅は一生の買い物である可能性が高いので、十分に吟味をしなければなりません。住んでから不便な部分などが見つかったとしても売却すると損失がでることが多いので、事前にしっかりと検討をして完璧な環境を手に入れることが大切です。

一戸建て住宅はローンを完済した場合には維持費などがかからないのですが、固定資産税が比較的高いので、毎年の税金の支払がどの程度なのかを確認しておく必要があります。マンションの場合は毎月共益費などを支払わなければならないので、ローン完済後もかなりの費用がかかります。一戸建て住宅の場合は地震などによって家に不具合が出た場合には自己資金で修理をしなければならないのですが、地震保険などに加入していると一時金などが支払われるので、負担を小さくすることができます。戸建住宅は木造の場合も多いので、年月が経つと歪みが生じてしまったり、地震によって傾く場合もあるので、その場合の対処について事前に資金をためておくことも忘れてはなりません。

戸建て住宅の間取りのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です