新築した一戸建ても、長く住んでいるとメンテナンスなどをしていてもそれなりに経年劣化してくるものです。屋根や外壁等は風雨にさらされますし、内装も家族で暮らしていれば様々な生活の跡が刻まれていくものです。そろそろリフォームでもしようかと思う事もあるでしょう。時期の目安としては、キッチンや風呂など設備の故障や傷み、そして一戸建てそのものが古くなってきたと感じられる時が多いです。

その後にリビングや玄関周り、屋根なども見直してリフォームを検討していきます。大体設備そのもののも取替え時期としては、10~20年という設定がされている事が多いので、それらを参考にメンテナンスをして住んでいくのか、それともまたはリフォームなどをしていくのかを話し合いましょう。特に子供が巣立っていったりした後や、高齢の親と一緒に暮らすという事もあるかもしれません。そういう時も一戸建てのリフォームの時期だと考え始める家庭も多いです。

いきなり壊れてしまって使えなくなったとなると大変ですが、そうでなければ随時家族と暮らしながらこれまで住んできた家に思いを馳せていきましょう。バリアフリーや最新の設備に取り替えたり、シンプルに壁や屋根だけを綺麗にするだけという選択をすることもあるでしょう。まずは相談や見積もりなどからでも気軽に利用できるメーカーや工務店も多いので、そろそろかなと感じたら資料集めをしたり話を聞きに出かけてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です